本文へスキップ

正しく 豊かに たくましく 誇らしく

〒243-0426 神奈川県海老名市門沢橋1-19-1

TEL.046-238-0810 FAX.046-238-0335

アクセスマップaccess MAP


学校地図

海老名市立門沢橋小学校

〒243-0426 神奈川県海老名市門沢橋1-19-1
TEL.046-238-0810 FAX.046-238-0335


電車の場合

JR相模線門沢橋駅改札を出て、陸橋を渡り北へ徒歩約7分。

学区の概要

 本校は昭和48年4月に開校し、本年度で40年目を迎える。本校の学区域である門沢橋と中野地区は、遠く山中湖及び忍野八海に源を発し延110q流れて相模湾に注ぐ1級河川相模川の左岸に広がる海老名市の南端に位置する。標高は14〜19m、地形はほぼ平坦で、相模平野の一部を構成している。学区の中央を、南北にJR相模線と県道海老名・寒川茅ヶ崎線が平行して走り、西側には住宅地が集中し小規模な工場も点在している。また、JR相模線と県道を陸橋でまたぎ東西に走る県道横浜・伊勢原線も通っている。最近は、道路沿いに商店が増える傾向にある。南側には、この道路に平行して、昔の「大山詣で」の旧道(大山街道)が伸びている。門沢橋地区は、昔「戸田の渡し」として賑わった宿場町跡でもある。これに対してJR線の東側と学校付近は市街化調整区域で、昭和37年に土地基盤整理がなされ田園風景が広がっていた。近年は相模縦貫道及び第二東名高速道路の建設に伴い、移転を余儀なくされた住宅が多く建てられるようになった。開校以来、地域が純農村地帯から都市近郊地帯へと著しい変容を遂げていく中で、一時は児童数が900人を越えていた時期もあった。その後、昭和59年以降減少傾向にあり450人程度で推移してきた。近年は、マンションの建築や宅地開発が進み、再び徐々に児童数が増加する傾向にある。また本校は、市立有馬図書館やコミュニティセンターに隣接し、JR相模線門沢橋駅までは徒歩約7分で行けることもあり、児童の教育活動にとっても便利な所に位置する。